ゴルフ

トップページ
飛距離はお金でしか買えない?
方向性をよくしたいのなら
ドローボールを打ちたいなら
高弾道を望むなら
ピタッと止まるアプローチ
鈍いクラブこそいいクラブ
スイングよりまずクラブを疑え
クラブ選びは洋服選びと同じ
自分に合ったクラブの力を知ろう
得意クラブの精度を伸ばす
好調時のクラブの特徴を忘れるな
クラブの仕事はヘッドが9でシャフトは1
パーシモンのほうが飛んでいたと錯覚する理由
大きく変えたいスペックと徐々に変えたいスペック
春は我慢。クラブは夏に買おう
付加価値の値段はお得なのか
カーボンかスチールか。シャフト選び
不況になったら買い替えよりリシャフトが有利
ロートルクシャフトはいいシャフトか
プロは真似てもトップアマは真似ない
90から分かるクラブ選び
飛ばしたいのならロフトが大きいクラブを選ぶ
バックスピンと飛距離の関係性
曲がりを左右するサイドスピン

ゴルフ>方向性をよくしたいのなら

方向性を高めるには、クラブのさまざまなスペックが関与してくる。
たとえば、重さがあってなければミート率は安定しないし、ライ角が
適していなければ右か左、いずれかに曲がりやすくなる。また、シャ
フト硬度も方向性に影響を与える。

昨今、チタンヘッドが浸透し、ドライバーの体積は軒並み大きくな
っている。今や400ccはあたりまえ、450ccを超えるモデルさえ
珍しくない時代である。
アイアンもまたしかりである。昨今主流のキャビティアイアンは、より
強度の強い素材を使用することでフェースを薄肉化し、その余剰
重量をヘッド周辺に配分することで、ヘッドの大型化を可能にした。
これまでのマッスルバックアイアンに比べ、慣性モーメントが飛躍的に
アップしたモデルも出ている。

ゴルフは確立のゲームである。プロといえでもミスは多々あります。
慣性モーメントの大きなヘッドなら、方向性もグンとアップすること
になるでしょう。

ゴルフ

長尺ドライバーはミート率が落ちるか
軽量クラブで飛距離アップには注意
大型ヘッドはスイングを変えるつもりで
大型ヘッドはフォローウインドで苦労する
スコアリングラインの役割
フェアウエーウッドはネック処理がカギ
アイアンの延長でフェアウエーウッドを打つ難しさ
フェアウエーウッドとユーティリティーどっちがやさしいか
フェアウエーウッドよりアイアンが止まるか
正確性では7番が限界か
コンベンショナルを使える条件
ロングアイアンは不要
スイングのスタンダードはライ角
最適や均一といった言葉に注意
サンドウェッジは消耗品
きれいなヘッドにこだわらない
ウェッジはグースネックがいい理由
バンカー嫌いはソールを見よう
パターのフェースインサート
パターヘッドの長所と短所
アベレージ100のクラブ選び
アベレージ90のクラブ選び

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system